認識の枠組みと実相世界への橋

「1+1 = 2」について説明します。 まず、ここには1枚のコインがあります。 そして、ここにはもう1枚のコインがあります。 そして、これらのコインを並べてみると、これが、「1+1」の状態です。 ここまではいいと思います… 続きを読む 認識の枠組みと実相世界への橋